2012年3月3日土曜日

ひな祭りのお菓子とちらし寿司

今年のひな祭り、おひな様をちゃんと飾ったまでは良かったけれど、困ったのは料理です。
いつものちらし寿司の材料も、ハマグリも手に入らない・・・

日本に帰った時に、もう少し何か買ってくればよかったな。
まだ1月だったので、福豆鬼のお面のことしか頭に浮かびませんでした。

アジアンマーケットも遠いしなあ。。。

でも、それで泣き寝入りする私ではありません。
ないもののことを嘆くより、あるもので精一杯工夫する のが信条です。

ひなあられはありませんが、うれしいことに、日本の友人からこんなにきれいな和菓子をいただきました!
温かでやわらかな甘みが魅力の和三盆を使った、繊細で優しいお味です。


箱の中で、かわいらしく並んでいました!



桃の花のピンクをイメージしたお菓子も、自宅で作ってみました。

クリスマスツリーに飾った candy cane  (杖型のキャンディ) を砕いたものを、ホワイトチョココンデンスミルクを溶かした中に混ぜ入れ、型に流して固めたファッジです。
Candy cane って形はかわいいけれど、そのままだと誰も手を出さず、ちっとも減らないのでね。

アメリカのレシピなので、思い切り甘いです!  
でも、ペパーミント味が効いていて、結構おいしい・・・小さめに切って、少しずつ楽しみましょう。
これで、クリスマスの残骸もやっと消えてくれます。 (遅っ!)

 
   レシピページの写真より、もっと細かくキャンディを砕きました。
   作り方はごく単純なお菓子ですが、ハンマーでキャンディを砕く作業が、実は一番大変・・・


日本でのひな祭りには、おひな様をかたどったちらし寿司を作るのが恒例でした。

娘が幼かった頃は、黒ゴマの目、人参の口、海苔の髪・・・と手をかけていましたが、大きくなってからは写真のようなのっぺらぼうのおひな様。 手抜きの母で、ごめんなさい・・・


今年の中身は、いつもの五目ちらし寿司が無理なので、洋風ちらし寿司にしました。
ハム、きゅうり、チーズ、コーン、白ゴマを混ぜ込んでいます。

うずらの卵も、そこら辺のスーパーには売っていません。
顔は白いご飯のおにぎりにしたら、やたらとデカく、漫画チックになってしまいました。

黒ゴマの目だけ何とかつけたのですが、あとは息切れ状態で省略・・・我ながら恥ずかしい出来上がりだわ。
それでも、何年ぶりかで一緒にひな祭りを祝うことができ、23歳の娘は大喜びしてくれました♪

実はアメリカの卵の黄身の色って、日本のものよりずい分薄いのです。
こうして写真を並べ、着物の色を比べてみるとよくわかりますね。



「桃の節句」 とは言うものの、まだ真冬のミネソタで、桃の花を望むのも無理な話。 写真で我慢です。

日本に住んでいた去年の春、横浜市青葉区の 「保木の丘」 という所に、夫と自転車で出かけました。
タウン誌に出ていた、切花用の桃の木がずらっと並ぶ写真を見て、ぜひ行ってみたくなったのです。

ちょっと遠出でしたが、息をのむほどの美しさに疲れも吹き飛びました!! 文字通りの 「桃源郷」 でした♪


今日も1日中雪・・・日本の春を懐かしく思い浮かべながら、アメリカでの初めての桃の節句を堪能いたしました。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. おかべ なお2012年3月4日 21:18

    お雛様!写真をみながら私も昔は作ってたな~ 思い出しました。喜んでくれる人もいないし、「楽」することを覚えてしまい
    ・・サクラさん偉いな!反省ばかりです。日本が好きなご主人様の為でしょうかね ♥ ご主人様は本当に幸せ者ですね

    返信削除
    返信
    1. なおさん、

      う~ん・・・夫のためというか、
      自分自身を喜ばせるために作り続けてきたのかも?

      作って、にんまりして、写真に残しておくのが楽しくてね!
      でも今年のは、我ながら笑ってしまうトホホなおひな様寿司でした。
      来年は、もう少しまともにできると良いのですが。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...