2013年5月1日水曜日

連日満席、大人気のレストラン

先日は夜中にいきなり雷が鳴り始め、大雨の後に庭の雪が一気に解けました!
湖は・・・あれ?まだほとんど凍っています。 ようやく解け始めた岸近くも、今朝見たらまた凍ってた・・・

週末には20℃を越し、まるで夏のように暑く感じたのもつかの間、夕べは気温が氷点下となってしまいました。
ミネソタの極端な気候の変化には、体がついていかん。。。

それでも鳥たちは、とても活発に飛び回っています。
色々な種類の鳥がやって来るので、見ていると飽きないわ~


バードフィーダーには、毎日必ず団体様でおしかけてくる Redpoll (ベニヒワ) が、今日もわんさか!

赤いのは、オスの成鳥です。 鳥はオスのほうが美しいことが多いですね。
まるで帽子をかぶっているみたいに、頭だけ赤いのもいるね!



去年のクリスマスの後、少し肉がついたターキーの骨 (パーティーの残骸) を、家の前の湖の氷の上に放置。
数ヶ月間、深い雪に隠れて冷凍保存されていたのが、久しぶりに姿を現し、Bald eagle (白頭鷲:ハクトウワシ) が大喜びで食事中です。


Bald eagle は大きくて強そうで、威厳があって、マジかっこいいです♪
アメリカの国鳥だものね。
翼を広げると、2メートル以上もあるそう!

アメリカインディアンにとって、Bald eagle は 「聖なる鳥」 ・・・その羽を儀式や正装に使います。

鷲羽法という法律があって、少なくとも祖父母のひとりに純血のアメリカインディアンがいる人でないと、羽の採集が認められないのですって。
羽がその辺に落ちていたとしても、一般人がやたらと拾うことは固く禁じられているのです。


庭をひょこひょこ歩いているのは、お腹の中に卵を抱えているのでは?と思われる American robin 小松組じゃなかった。。。コマツグミ) です。
それとも、単に食べすぎただけかな?


ロビンは目の覚めるような美しいブルーの卵を産みます。
この写真は、数年前に親鳥に放棄されてしまった卵。 今年はしっかり育てておくれ・・・



こちらは新参のお客様。
多分、Yellow Warbler (キイロアメリカムシクイ) という鳥だと思います。 (違うかも・・・)


Redpoll より少しだけ小柄に見える、スズメの仲間です。
ムシクイという名がついていますが、当レストランのメニューに虫はありません。 ヒマワリの種で我慢してね。

動きがやたらと可愛らしいわ~♪


ちょっとたそがれている後ろ姿もキュート! 後ろから、ぎゅっと抱きしめたくなります。



最後は、これまた常連客の Black-capped chickadee (アメリカコガラ) です。
普通、省略して 「チカディー」 と呼んでいます。
やたらと動き回ってばかりで、ちっともじっとしていてくれない・・・写真が撮りにくいったらありゃしない。


その名前のとおり、「チッカディーディー♪」 とか 「チッカディーディーディー♪」 と鳴く鳥です。
仲間に危険を知らせるために鳴く時、 その危険度が高ければ高いほど 「ディー」 の数が増えるそう。

この子たち、雪の降る真冬にも元気に飛び回っていました。 幼稚園児みたいに愛らしいこと♪
大好きな小鳥です。


動きの素早い鳥の写真を撮るには、私のコンデジでは限界を感じます。
三脚を使えば、かなり違うのかな?

今日の写真は全部、家の中から窓ガラス越しに撮ったものです。
あまりきれいではなくて、すみません。。。

せっかく、家の中に居ながらにしてバードウォッチングができる環境なので、良いカメラが欲しくなっちゃった。



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

4 件のコメント :

  1. おかべ なお2013年5月2日 1:58

    すごい!サクラさんはよく鳥の名前を知っていますね。関心しちゃうわ。家から見れる環境ってすごいよね。
    イーグルが?!わお
    しかし羽ひろえないの?残念ですね。

    返信削除
    返信
    1. なおさん、

      鳥の名前に詳しいわけではないので、まずは夫に聞くの。
      ミネソタで生まれ育ったから、よく見かける鳥にはさすがに詳しいです。

      それでもわからない時は、ネットで調べて、
      もしかしてこれかな?という感じ・・・
      野鳥や虫、動物の図鑑がどこかにあったはずなのだけれど、紛失してしまいました。
      手元に置いておきたかったな。


      削除
  2. おはようございます。

    鳥達も嬉しいそう```。レストラン大繁盛ですね。
    ミネソタにも色んな鳥が飛来しますね。ロビンの親が育児放棄を...信じられない。
    そちらの巣はしっかりとできてますね..これまたユニーク.巣作りがうまい鳥とそうで無い鳥..ちょっと可愛いですね。

    最後の写真はチッカディーって言うんですね。家にもたくさん来て調べてみようかとおもってました。鳴き方に注意して聞いてみます...と言ってもパープルマーティンやブルージェイのあの甲高い鳴き声で聞き取れないかもしれません..これから言い季節ですね..昨日の寒波の影響あったのかな?

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      ものすごい食欲のお客様たち、エサ代がバカになりません・・・
      自然のエサがみつけやすい季節になってきたので、隔日営業にでもしようかしら。

      ロビンの卵も美しいけれど、巣も芸術品のようですね。
      へたくそなのもいるのですか?何だかほほ笑ましい♪
      チカディーの鳴き声、結構よく聞こえますから
      注意して聞いてみてくださいね。 「ディー」 を何回言ってるか・・・

      ミネソタ南部やウィスコンシンでは、すごい雪だったようです。
      こちらは大丈夫。でも寒いですよ~

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...