2014年3月26日水曜日

クイーンのボヘミアン・ラプソディーを練習中

この頃、 「ピアノが弾きたくてたまらない病」 にかかっています。
本格的な春がやってくると、庭仕事で忙しくなるので、その病にかかるのに今はちょうどよい時期なのかも?


私がピアノを習い始めたのは、5歳になるちょっと前でした。
全く覚えていませんが、自分から習いたいと言い出したのだそうです。
多分、幼稚園の先生や友だちが弾くのを見て、憧れてしまったのでしょうね。

ピアノを買ってくれ、レッスンを受けさせてくれた両親には大感謝!
ごく普通のサラリーマン家庭でしたから、家計のやりくりがさぞ大変だっただろうな。
(そのピアノは、今でも実家にご健在です。)

初めのうちは家に楽器がなかったので、紙の鍵盤で練習していました。
小さな手でドレミを紙の鍵盤上に探していた様子は、うっすらと記憶に残っています。
いよいよピアノが家にやってくるという日に、飛ぶように幼稚園から戻ったことも・・・


中学生の時、反抗期でピアノが嫌になってレッスンをやめてしまいましたが、大人になってからまた復活。
ピアノはずっと、私の大親友なのです。
結婚してから自分で買ったピアノは、娘も息子も (夫も、たま~に) 弾き、ミネソタにもちゃんと連れてきました。

長い船旅にもかかわらず、心配したほど音も狂っていなくてよかった・・・
それでもこちらで調律をしてもらい、すっかり良いコンディションに戻りました。

引っ越してきてから、近所を気にせずにピアノをガンガン弾けるようになったのがうれしいな♪
日本のマンション暮らしでは、ヘッドホンを使ってひとまわり小さいキーボードで・・・のほうが多かったですから。


今までほとんど、自分の楽しみのためにだけ弾いてきたピアノですが、大好き ♥♥ と思う曲を人にも聞かせ、感動を伝えたいなという欲が出てきました。

そこで、リストを作成・・・

  1) 暗譜で弾ける曲
  2) もうひと息で、暗譜で弾けそうな曲
  3) 楽譜を見ながらだったら、スラスラ弾ける曲
  4) 楽譜を見ながらでも、時々コケててしまう曲
  5) まだまだだけれど、ぜひ弾けるようになりたい曲

長年弾いている割には、1) が極端に少ない。。。 (;´д`)
2) 3) を1) に昇格させると同時に、4) 5) も強化して、レパートリーを広げたいなと思っています。


5日前にネットで楽譜をみつけた、クイーン Queen「ボヘミアン・ラプソディー Bohemian Rhapsody は、4) に分類されます。
ピアノソロ用の、なかなかいい感じのアレンジです♪

1975年に発表された懐かしい曲・・・アルバム 「オペラ座の夜」 の中の1曲で、作詞・作曲もフレディ・マーキュリー Freddie Mercury によるものです。
これをぜひ、人に聞かせられるまでに仕上げたいな~


この曲、我が家の子供たちも大・大・大好きです。 後世に残る名曲ですよね~
アカペラ、バラード、オペラ、ロック・・・と次々に変化していく画期的な構成は、他には見られないユニークなもの。

若かりし頃、この曲によってフレディ・マーキュリーの声にすっかりハマってしまいました。
日本公演にも、2回行ったことがあります。

クイーンの人気に火がついたのは、本国イギリスより日本が先でした。
4人ともルックス抜群、お育ちが良さそうでお行儀もよく、コーラスは美しいし、楽器の実力も確かなもの。
日本の女の子たちが夢中になったのは、当然ですよね!
メンバー自身も、日本に到着した途端にキャーキャー迎えられて、かなりとまどったそうです。

フレディ・マーキュリーほど、後に様変わりしてしまった方もめずらしいけれどね。




暗闇にメンバー4人の顔が浮かぶ、ボヘミアン・ラプソディーのよく知られたビデオは、プロモーション・ビデオとしては世界初のものだそうですね。


グッチ裕三さんによるパロディー、犬のおまわりさん with QUEEN も大好きです!



ボヘミアン・ラプソディーのピアノソロ用の楽譜は、このサイトでみつけました。
解説にも書かれている通り、ところどころ省略されてしまっている部分があるので、あとは自分ででっち上げようと思っています。


それにしても、フレディが亡くなってから、今年の11月でもう23年!?
月日が経つのって、年を取ればとるほど早くなってきている気がします。
やりたいと思ったことは、どんどんやらなきゃね。


おまけ 娘が将来お金持ちになったら (そんな日が来るのか・・・?) 、
       スタインウェイ真っ白なグランドピアノを買ってくれるそう。

       それまでは、ナノブロックの白いグランドピアノで我慢しようと、自分で組み立てました。
       アップライトのピアノの上に飾っています。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

6 件のコメント :

  1. 「グッチ裕三さんによるパロディー」聴かせていただきました。
    楽しいですね。ボヘミアン・ラプソディーも素敵です。
    この曲って、キムタクのドラマ・・・なんだっけ?ホッケーのかな?
    挿入歌でしたよね?
    ピアノが弾きたいムード。アメリカだったら、いつでも弾き放題でしょうね。
    確かに、日本ではスペースの問題があるもの。よかったね、娘さんの
    プレゼント。夢があって嬉しいですよ。首をながーーくして待っていましょう。
    レゴのピアノ。可愛いです。ポチ

    返信削除
    返信
    1. みどりさん、

      キムタクの 「プライド」 懐かしいですね。 私も欠かさず観ていましたよ♪
      あのテーマはクイーンの I was born to love you でした。
      We will rock you も挿入されていたかもしれません。

      グッチさんもフレディになりきっていて、意外と (失礼・・・) お上手ですよね。
      「犬のおまわりさん」 と一緒にしてしまうなんて、すばらしいセンスです。
      娘がもし本当にお金持ちになっても、グランドピアノを置くスペースはないかな。。。
      ピアノ室も同時に建ててくれないかしら・・・な~んて。

      削除
  2. こんばんは。

    5歳からピアノを。。それを今まで好きで引き続ける。。友だちにピアノが好きな人いますが、彼女の場合は親のすすめで始まり15年続け、その後いやになり止めたんですが、今になって親に感謝してます。どんな背景でも何か音楽をするって良いですね。
    先ほど世界選手権フィギアで日本勢の滑りに驚き。真央ちゃんは安心してみれました。。
    明日のフリーが楽しみ♪。観ましたか?スタインウエーの白って見たことありません。。長〜〜くて素敵でしょうね。

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      この前教えてくださったのど自慢、全部観ました!ありがとうございました。
      フレディも上手だけれど、世界にはアマチュアでもここまで歌える人たちが大勢いるのだと、とても感激しました。
      ジュリーの歌も登場で、もう釘付けでしたよ。
      特別賞に輝いたマサイ族の方の笑顔も、何て素敵だったのでしょう。
      韓国、中国の方の反日のニュースばかりが伝わってくるので、
      全身で日本が大好き!!と表現してくださる方の存在が、本当にありがたいです。

      真央ちゃんも、また素敵な演技を見せてくれましたね。
      スケーターたちもきっと、抜群の音感も持っているのだろうなと思います。

      削除
  3. こんにちは♪
    ミネソタの雪景色、びっくりしました!まだしっぽり白銀の世界に包まれているのですね。
    でも絵に描いたように綺麗で素敵!

    ピアノの弾くリストのカタゴリ。綺麗に分かれますよね。
    私にはもうひとつ6)がありますね…聴くだけで手を出さない曲。このカタゴリが圧倒的い多いです^^
    Sakuraさんの演奏たのしみにしてます!

    傍にいてくれるやさしい音色の友達☆
    ピアノさんって言葉を音で語ってくれるよき友ですよね♪

    フレディ・マーキュリー後者の方しか知りませんでした。
    前者の時代というのがあったんですね!驚きデス。

    グッチー最高!よく子供と見てました。
    この犬のおまわりさんアレンジ…自分の子供の頃の思い出そっくりで…懐かしかったです。
    とある私鉄沿線を川を記憶に一度しかいったことがないおじさんの家に半日かかって一人で歩いたことを思い出しました。「この川を下っていけば絶対アル!」一銭ももたずに行きました。お財布落として(笑

    返信削除
    返信
    1. chopiana さん、

      ミネソタは、まだまだ寒いです。。。
      それでも、林の中をウォーキングしたら木の芽が育っていて、
      春は確実に近づいているのだなあと実感しました。

      「犬のおまわりさん」 みたいな思い出、経験されていたのですね。
      さぞ心細かったことでしょう。 おじ様の家に何とかたどりつけたのでしょうか。
      私はそんな冒険をしたことはありませんが、この歌大好きでした。
      「ボヘミアン・ラプソディ」 が、途中から 「犬のおまわりさん」 になるとは、
      何て楽しいアレンジなのでしょう♪

      そう言われてみれば、私にも6) の曲がたくさんあります。。。
      リストに付け加えておきましょう (笑)

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...