2016年2月4日木曜日

アメリカ人好みのチューイーなチョコチップクッキーレシピ

パンと同様、アメリカでは市販のクッキーがあまりおいしくないので、大抵は自分で焼いています。
今まで、一体何種類のクッキーにチャレンジしたことか・・・

私が好きなのは、バターたっぷりでサクサクしていて、口に入れればホロッと溶けるような、小さめのクッキー♪
生地をまとめて円筒形などにしてラップでくるみ、しばらく冷やした後にスライスして焼く、アイスボックスというタイプですと、簡単にそういうのができます。

日本での暮らしが長かった夫、そんなクッキーも大好きです。
でも、数ヶ月前のこと。 いかにもアメリカっぽいチューイー chewyクッキーも作って~とのリクエスト!

チューイーなクッキーとはどんなものを指すのか、アメリカに住み始めてから感覚ではわかっていました。
見かけは大きくてぺちゃんこな感じの丸いクッキーが、アメリカではポピュラー。
日本でも、スタバではこんなタイプのクッキーが売られていましたっけ。

Chewy という単語は 「噛みごたえのある」 という意味で習った気がするけど、クッキーの場合はビミョーにニュアンスが違うような?

「あなたにとってはどんな定義なのか、もっと詳しく教えて!」 と夫に聞いてみました。
彼によれば、半分に割った時にパキッと音がせず、周りに屑が飛び散らないタイプのクッキーのことだそう。

ソフトで、ねっとり、しっとりという食感よね? でも、日本のカントリーマアムみたいのとも、少し違うみたい。
型抜きタイプやアイスボックスタイプでは、チューイーなクッキーにはならなそうなのは確か。

チューイーなクッキーは、焼き時間が一番のポイントだと思います。
生焼けでは?と思うほどフニャッとした状態のうちにオーブンから出さないと、チューイーには出来上がりません。
他にも、砂糖の量、バターと小麦粉の比率など、いろんな要素がからんできます。

化学の実験みたいに色々と試行錯誤した結果、我が家では今のところ、このクッキーが夫の一番のお気に入りとなりました♪
1枚だけでも、食べた後にとても満足感があります。 カロリーも高そう。。。 (^_^;)


パーティーの時にも皆さんに喜ばれたし、


人にもプレゼントしまくっています。


このところ、何だかこればかり焼いているなあ。。。


チューイーさが増すはずだと言って夫が買ってきた秘密兵器は、ヒース Heathイングリッシュタフィービッツ English Toffee Bits というものです。 (すぐ下の写真の上側の袋)

ネットに載っている Chewy cookies のいろんなレシピを見ると、ベーシックな材料はほとんど同じ。
でも、この秘密兵器を加えるのがちょっとユニークかな?
手に入らなければ、チョコレートチップだけを使ってもかまいません。


ミルクチョコと一緒に入っている、カリカリしたタフィーがおいしい♪
生地に加えるとこれが溶けて、ねっちょりさ (笑) を増してくれるようです。


天板に生地を並べたら、ちょっと指でつぶして丸く形を整えておきます。 直径6センチ位にそろえました。
焼くと広がるので、間隔をあけて・・・


あ~ん、やっぱりくっついてしまった! 焼くと直径8センチほどになります。
柔らかなうちに、ナイフで間を切っておけば大丈夫。



以前ご紹介したチョコレートチップクッキーと材料はほとんど変わらないのに、出来上がりはずい分違いますね。

それでは、レシピを載せますよっ♪
アメリカ式に計量カップでアバウトに量ることが私は苦手なので、正確な重さもグラムで載せます。

  ブラウンシュガーの1カップの重さは、ネットで調べてもかなり幅があります。
  季節、湿度、ブランド、開封してからの日数などによっても変わるのかな?
  あまりぎゅっとでなく、ふんわり詰めた状態で、本日我が家ではアメリカサイズの1カップが約140gでした。

  アメリカのサイトでは、1カップが約200gとなっているのですが、そこまで重くないぞ!?
  多分、これでもかというほど、ぎゅ~っと詰めているのだと思います。
  (自己責任で) 適当に調節してくださいね。


アメリカ人好みのチューイーなチョコレートチップクッキー 
  (直径8cmぐらい、約4ダース分 赤字は半量の2ダース作る場合の分量

材料
  バター  1カップ (アメリカの2本) (225g) (113g)
  グラニュー糖  1/2カップ (100g) (50g) 
  ブラウンシュガー (日本では三温糖)  1+1/2カップ (210g) (105g)
  卵  2個 (1個)
  バニラエッセンス  小さじ2 (小さじ1)
  All-Purpose Flour (日本では薄力粉)  3カップ-大さじ3 (350g) (175g)
  ベーキングソーダ (重曹)  小さじ1 (小さじ1/2)
  チョコレートチップ  1/3+1/4カップ (100g) (50g)
  イングリッシュタフィービッツ  2/3カップ (100g) (50g)
    (なければチョコレートチップで代用)
  刻んだクルミ  1カップ (120g) (60g)

作り方
 1) ボウルにバターを入れ、電子レンジに30秒 (1200wの場合) ほどかけて柔らかくする。
   (溶かさないように)
 2) グラニュー糖、ブラウンシュガーを何回かに分けて加え、クリーム状に混ぜ合わせる。
 3) 卵を1個ずつ加えてよく混ぜ、バニラエッセンスも加える。
 4) チョコレートチップ、タフィービッツ、クルミも混ぜ合わせる。 
 5) 一緒にふるっておいた小麦粉、ベーキングソーダを3回位に分けて加え、混ぜ合わせる。
   (アメリカの pre-sifted の粉なら、ふるう必要なし) 粉の白い色が見えなくなるまでていねいに。  
 6) 天板にクッキングシートを敷き (アルミホイルでもOK)、間隔をあけて種をスプーンで乗せる。
   指で少し押さえて広げ、丸く平らに整える。
 7) 華氏335度 (約170℃) に予熱しておいたオーブンで、10分ほど焼く。
   おいしそうな焼き色がつき始めたら、生地はまだフニャフニャした状態のところで取り出す。
   天板に置いたままで冷ます。

*アメリカサイズのカップ (1カップ=約240cc) 使用
*オーブンによって焼き時間が違うので、調節してください。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

10 件のコメント :

  1. 国際返信切手券をご存知ですか。https://www.post.japanpost.jp/int/service/int_coupon.html

    SAKURAさんは、お菓子やパン作りと音楽がお好きなようですね。
    30数年前の今頃、留学先のウィスコンシン州西部の大学に
    ウィーン少年合唱団が来ました。特に音楽には興味ないのですが、
    日本だと「S席5,000円」とかで高いのでコンサートには行ったことが
    なかったのですが、数ドルだったので彼らの歌を拝聴するため大学の
    体育館("arena"と呼んでいました)へ行きました。彼らを"Vienna Choir"と
    呼んでおりました。日本では、九州にも、そして台湾にも雪が降りましたが、そちらは摂氏マイナス20度くらいですか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、

      郵便局の便利なサービスを教えてくださってありがとうございました。
      これは便利ですね。
      今日は小雪がちらつきましたが、このところ割と気温が高めで、
      明日、明後日などは最高気温が0℃前後になりそうです。

      ウイーン少年合唱団の天使の歌声が、数ドルで聴けたのですか!?
      アメリカでは、教育の一環としてなのでしょうか、
      プロのミュージシャンのコンサートチケットが、格安で買えることがありますね。
      この町でも、ミネソタ管弦楽団のコンサートがたったの5ドルでした。
      アマチュアである私たちのコンサートよりずっと安くて、申し訳ない気がしてしまいました。。。

      削除
  2. 私はアメリカで売っているクッキーとか好きで、チューイーチップスアホイとかペカンサンディーとか買っていました。アメリカ旅行のときは、日本へのお土産にしたりします。珍しい、安い。teddyグラハムとかfishなんかも好き。
    ミネソタオーケストラにもよく行きました。大植英次さんが若かった頃(私たちも若かった)
    在米中 ウィーン少年合唱団のコンサートにも行きました。彼らは公演先の国の歌を必ず歌うのがキュート!キングズシンガーズもミネソタでの公演で知りました。ミネソタチャンバーオーケストラにも行きましたよ。

    返信削除
    返信
    1. AKKO さん、

      日本ではあまり、チューイーなクッキーは市販されていないと思いますが
      そのうちブレイクするかもしれませんね。
      Teddy グラハムや fish 、可愛らしくておいしいので、子供たちが大好きでした。

      大植英次さんが指揮者だった頃のミネソタオーケストラ、
      実は私は生で聴いたことがないのです。 残念・・・
      ミネアポリス在住の親戚が、彼のことをほめていました。
      自然にはとても恵まれた所に住んでいますが、
      やはり時々、そういう文化的なものへの飢餓感を覚えることがあります。

      削除
  3. こんばんは、

    ベイキングは苦手です。
    ご主人のおっしゃる通りchewyなクッキーは,半分に割った瞬間に分かりますね。こちらのクッキーは余りにも甘過ぎて病気になってしまうんじゃないかと心配になります,笑 クッキー以外もそうですね!
    sakuraさん宅のご近所なら、焼き上がりを試食させてもらえそう〜
    一つで良いよ〜!

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      甘過ぎるもの、塩辛すぎるものは食べるのが苦痛。。。
      体に良いわけないですよね~
      アメリカ人の手作りのお菓子をいただくと、砂糖の量を間違えたのでは?と思う時があります。
      逆に私の焼くお菓子は、彼らには物足りなかったりして・・・?

      でもこのクッキーは、砂糖をあまりにも控え目にするとチューイーにならないかもしれません。
      そうそう、だから1日に1枚限定なのです (笑)

      削除
  4. 「小さな親切大きなお世話」かもしれませんが、以下を見つけました。
    http://news.yahoo.co.jp/pickup/6190434

    羽田便が就航した際、、SAKURAさんの場合、ダルースからシカゴ、シカゴから
    羽田も良いかも?ダルースからシカゴへは就航しているようですね。http://duluthairport.com/ これは、私の考えに過ぎないので、お気に召さなければスルーしてください。今年も、一時帰国されるのですか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、

      大きなお世話だなんて、とんでもない!
      色々と教えてくださってありがとうございます♪

      今年はまだ、一時帰国について具体的に考えてはいませんが、
      成田より羽田のほうが、実家にずっと近いですから、
      ダルースからというのも良いかもしれません。
      羽田空港の国際線旅客ターミナル、雰囲気が良いですね♪
      今度はぜひ、羽田便で帰りたいです、

      削除
  5. Sakuraさんはじめまして!私のアメリカ人の旦那が日本のさくさくバタークッキーよりchewyクッキー大好きなので、レシピを探していました。私もカップで測る大雑把なのよりも計量器できっちり測る方が好きなので、Sakuraさんのレシピをつかわせていただきました!!今焼いているところです。どうなるかなあ。レシピどうもありがとうございます :D :D :D

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。 コメントを残してくださってありがとうございます。

      クッキーはうまく焼けたでしょうか?
      今まで何度焼いたかわからないほど頻繁に作っていますが、
      家のオーブンでも、焼き時間は日によって違う感じなのです。
      まだ柔らかすぎるかな?というタイミングで出してしまうのが、コツのようです。

      どんな感じに焼けたか、また教えてくださいね~♪

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...