2017年8月14日月曜日

ラズベリーチーズケーキのレシピ

少し前の話ですが、友人宅の庭に山ほど生っているラズベリーを摘んできました。
そのまま食べてもとてもおいしいけれど、たくさんあって食べきれないほど・・・

ジャムを作ろうかな。 ムースもいいな~
でも、今回はチーズケーキに混ぜてみたくなり、作ったのがこちら!

マーブル模様のラズベリーチーズケーキ

好評だったので、忘れないうちにレシピを記録しておくことにします。
行き当たりばったりで作ったところ、ラズベリーはコンポートジャムよりはサラサラで、一般的なソースよりは少し濃いめの出来上がりとなりました。

友人宅にずら~っと並ぶ、ラズベリーの低木。
我が家の周りのトレイルで目にするワイルドラズベリーより、粒が大きくてしっかりしています。


木苺フランボワーズとも呼ばれ、英語のスペリングは raspberry です。
どうして p が入るのか、謎よね・・・?

砂糖と一緒に鍋に入れて、煮つめているところ。


ラズベリーは小さなが多くて口当たりが悪いので、ザルを通して実をつぶしながら、種は少しだけ残す程度にしました。



チーズケーキの生地を作り、このラズベリーソースを上にたら~りと回しかけ、竹串でグルグル。
マーブル模様って楽しいな♪ あとはオーブンにお任せです。
見た目も美しく、甘酸っぱさが後を引きます。 おもてなしにおすすめ!


多めにできたラズベリーソースは、プレーンヨーグルトにかけても美味~♪
次回のために、フリーザーにも少量保管しました。
以下が、詳しいレシピです。

ラズベリーチーズケーキ
  (直径18cmのスポンジ型1台分) 

材料
 【ラズベリーソース】(出来上がり分量から、大さじ3のみ使用)
  ラズベリー  300g
  砂糖  60g
  レモン汁  大さじ1

 【チーズケーキの土台】 
  マクビティのダイジェスティブビスケット(グラハムクラッカーでもOK)  80g
  溶かしバター  35g

 【チーズケーキ生地】  
  フィラデルフィアクリームチーズ  1箱8オンス(226g)
  砂糖  80g
  卵  2個
  生クリーム  180cc
  All-purpose flour または薄力粉  大さじ2
  レモン汁  大さじ2 

作り方
【ラズベリーソース
 1) 鍋に洗ったラズベリーと砂糖、レモン汁を入れて弱火にかける。
 2) しばらく煮てとろっとしてきたら、ザルに通してボウルで受け、スパチュラで果肉をつぶす。
   (上の写真参照)
    ザルの裏についている果肉もこそげ取って混ぜる。
    種は自然に混ざる程度だけ残し、ザルに残った分は加えない。

【チーズケーキの土台】
 3) ビニール袋にビスケットを入れ、めん棒を袋の上からころがして細かくする。
 4) ボウルにバター(有塩でも無塩でもOK)を溶かし、 3)をよく混ぜる。
 5) 底と側面に敷き紙をセットしたケーキ型の底に広げ、スプーンなどでぎゅっと押し付ける。
    (ラップをかぶせたポテトマッシャーで押し付けるといい感じ!)

【チーズケーキの生地と仕上げ】
 6) ボウルにクリームチーズを入れ、レンジに20秒位かけてから泡立て器でなめらかに混ぜる。
 7) 砂糖、卵、生クリーム、レモン汁、薄力粉も順に泡立て器で混ぜ合わせる。
 8) ビスケット台を敷き詰めた5)のケーキ型に流し込む。
 9) 2)のラズベリーソースから大さじ3だけ、生地の表面のあちこちに平均にたらす。
 10) 竹串などを使ってマーブル模様を描き、170℃に予熱したオーブンで50分位焼く。 
    焼き色が足りないようなら、180℃に上げて5分位焼く。
 
*ご家庭のオーブンによって、時間や温度は調節してください。うっすら色づくのが目安です。
*冷めたらラップをして冷蔵庫に入れ、よく冷やした後に型から取り出してください。
*翌日以降のほうが、味がなじんでおいしいです♪


のん気なタイトルでブログを書き始めましたが、日本時間で今日は終戦記念日ですね。
米朝間の緊張が高まる中、いつどこで何が起こるかわからない状況で本当に心配です。

今から100年前は、第1次世界大戦の真っ最中でした。
人間はいつまでこんな争いを繰り返すのでしょうね。
宇宙的規模で見ると、地球人はまだ原始人状態なのかもしれません。
無力ながら、世界平和をただただ祈るばかりです。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2017年8月8日火曜日

ネコと暮らす極上の幸せ♪

「ネコの日」は、ニャンニャンニャンの2月22日だと思っていましたが、それは日本だけのこと。
今日8月8日は、「世界ネコの日 World Cat Dayなのですって (=^・^=)
よくわからないけど、お祝いしちゃおう!!

我が家では、子ネコの時に動物愛護協会から引き取ったキキが、先日6歳の誕生日を迎えました。
人間で言うと40歳ぐらいかな。
さわるとモフモフで気持ちいいけれど、お腹がちょっとぽっちゃりしすぎです。


考えてみると、私は他の誰とよりもキキと一緒に過ごす時間が長いな~
まさに、家族の一員です。
ネコはあまり得意ではなかったはずの夫も、文字通り「猫可愛がり」していますしね。

人に対するように、キキに普通に話しかけている自分たちに気づいて、夫婦で時々笑ってしまう・・・
キキも、ちゃんと話し相手になってくれるのです。(バイリンガルにゃんこなのよ。)
ネコは、飼い主の人間のことを単に「でかすぎるネコ」だと認識しているという説もあります。

とても人懐っこくて誰にでもすり寄っていきますが、ビール腹のおじさんが一番好みのようです。
特に近所のTおじさんがお気に入りで、彼が来るたびに熱烈大歓迎です ❤❤❤

抱っこされるの大好き

時々、かなりおじゃま・・・


ブラームスはお好き? 自分でも弾いているつもりらしい

箱や袋を見ると必ず突進していくのは、にゃんこの習性ね。


ちょっと無理っぽい

いろんな所で寝こけています。。。だから「ネコ」っていうんだな。



警戒心ゼロ・・・

キキは室内飼いで、狩りの経験はなし。
家の中に入ってくる蟻にもビビっている様子です。ネズミなんて見かけたら逃げ回るかもね!

あんた、誰っ!?

ネコって本当に動きがおもしろくて、見ていて飽きません。
ジャンプに失敗したり、突然新幹線のような勢いで階段を駆け上ってきたり・・・?
「かくれんぼ」や、「だるまさんが転んだ」の相手をさせられることも!

ネコが喉を鳴らす「ゴロゴロ」という音には、それを聞いている人の免疫力や自然治癒力を高める効果があるのだそうです。
確かに癒さるわ~ ストレスなんて、すっかり消え去りそう。
寝そべっているとお腹を「ふみふみ」してくれ、うーんと幸せな気持ちになります。


「ブサイクな売れ残りネコちゃんと、ひとり暮らしのおじさま」のマンガが、最近話題になっているらしい。
桜井海さんという漫画家の Twitter に公開されたもので、タイトルはずばり「おじさまと猫」ですって。単行本になったら、絶対買います!


続きは、こちらを読んでみてね。じわ~っときますよ。
ネコ好きな方にも、そうでもない方にもおすすめ♪  ⇒ ねとらぼ生物部


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2017年8月4日金曜日

今年の野菜ガーデンは?

今年は野菜ガーデンの準備期に日本に一時帰国していたため、夫がほとんどの種や苗を植え付けておいてくれました。
なぜこのようなレイアウトにした?という部分もあるのですが(笑)、楽しんで植えたようです。

7月終わりごろから、絹さやいんげんが毎日どんどん収穫できる時期に入りました。
放っておくと育ちすぎてしまうので、せっせと食べています。

野菜の花は、素朴で可愛らしくて大好き♪
そして、採れたて野菜の味は格別です。農薬を一切使わないので安心ですしね。

絹さや snow peas

スナップえんどう snap peas

いんげん green beans

枝豆は、こちらでも edamame と呼ばれている

かぼちゃ squash

ウサちゃんがウロウロしているので、ほとんどは金網で囲った中で育てています。
他にもレタスやラディッシュ、きゅうりなど同居中。


別の所にトマト畑もあります。あまり生育がよくないのは、なぜだろう・・・

庭にはウサギの他にも色々なお客さんが来ます。
しばらく見ないうちに、すっかり大きくなったカナダグースにびっくりだわ~


ヤマアラシ porcupine は、動きがノソノソしていて顔は可愛い。
でも、樹皮を食べて木を枯らしてしまうため、歓迎できないお客です。
背中の針毛はかなり鋭いので、犬などがちょっかい出すと悲惨なことになります。。。



これ以下は おまけ です。
庭の花などの写真をまたしつこく撮りました。お時間のある方はお楽しみください。
それぞれの精巧な作りに感動・・・「お見事!」と、ひれ伏したくなります。

ブルーバーベイン Blue Vervain 

デイリリー Daylily

これも別の種類のデイリリー

友人宅から養子に来たベロニカ Veronica

クリーピングベルフラワー Creeping Bellflower 

トレイルにたくさん生えているアザミ Thistle。「クマのプーさん」に出てくるイーヨーを思い出します。

去年植えたアジサイ Hydrangeaアナベル Annabelle

バーベリー Barberry という低木の葉。色合いが好きです。

松ぼっくり pinecone


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2017年7月30日日曜日

田舎だから実現の、素敵な結婚式

昨日は、友人のお嬢さんの結婚式に出席しました。
車で1時間半位の場所にある、BWB Ranch という会場です。
120エーカー(約147,000坪)という広大な敷地ですので、駐車場との往復はこんなワゴンで・・・


ここかと思ったら、これはオーナーご夫妻のご自宅。
花や芝が、本当によく手入れされています。


花いっぱいの階段を下りていくと、そこが会場です。


このようなセッティング。
晴天でとても暑い日でしたが、ちょうど木陰に座れてラッキー!


ここで、結婚式が執り行われたはず(笑)
後方の席からは、残念ながらほとんど見えませんでした。。。

マイクもボリュームが低くて、あまりよく聞き取れず・・・
誓いの言葉を交わす部分はわかったから、まあいいか。
宗教色の一切ない式でしたので、結構あっという間に終わりました。


式の後、花嫁・花婿・両家のご両親にご挨拶して、素朴な納屋風のレセプション会場へ徒歩で移動。


入り口で記帳します。


ビールの列でしばらく待つ間、ワインブルスケッタ Bruschetta (アメリカではブルシェッタと発音してしまう人が多い)などのオードブルを、立ったままいただきました。

中はこんな風に広々としています。


生花を飾った、素敵なテーブルセッティングです。


幸せいっぱいの花嫁と花婿。


アメリカの結婚式で定番の Best man (花婿付添い人の長)、Maid of Honor (花嫁付添い人の長)、Bridesmaids (花嫁付添い人)、Groomsmen (花婿付添い人)の皆さん。
この中から、新たなカップルが誕生することもあるそうです。今回はどうかな?



可愛らしい、フラワーガールズとリングボーイ。


アメリカの結婚式のお食事は、バフェイ式が結構多いのですが、今回はちゃんと各席に給仕されるフォーマルなものでした。

出欠の返事を出した時に、ビーフかチキン、またはパスタを選択済み。
ネームカードにそれぞれの絵が書かれ、すぐわかるようになっていてナイスアイディアです。

ここのオーナー夫婦のペット、Dozer という名のワンコが、会場を点検するかのようにあちこち歩き回っていました。
体はやたらとデカくても、おとなしくて良い子でした。


お食事の後は、花嫁と花婿のダンス♪ 絵になりますね~


続いて、新婦とお父さんのダンス。お父さんってば・・・何だか緊張の面持ちです。
この後、新郎とお母さんのダンスもありました。後はみんなで踊って盛り上がります。


今回は、ウエディングケーキはなし。
コーヒーは各自で取りに行き、デザートはプレーンのミニドーナッツというシンプルなもの。
引き出物は、新婦のご両親の庭で採れたラズベリーとルバーブを使った自家製ジャムでした。

招待客は、250名ほどだったようです。
アメリカの結婚式としては驚くほどの大人数ではないと聞きましたが、それでも大変ですね。
多分、日本とはちょっと違う所にお金がかかっていそうです。

温かくてとても素敵な結婚式・・・ご両親はじめ、ご家族の愛情がいっぱい詰まっていました。
どうぞお幸せにね ❤❤❤


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...