2018年5月22日火曜日

おいしく焼けたメロンパン(見た目は残念)

ずっと前、友人にメロンパンを焼いてあげたらとても喜ばれたことがあり、今日は久しぶりに作ってみる気になりました。

その友人にまたプレゼントする約束をしているので、予行演習を兼ねて・・・
この辺ではメロンパンなんて売ってないものね。懐かしい日本の味です♪


手ごねのパンは、かなり久しぶり。
・・・と言っても、生地作りはホームベーカリーにお任せで、自分でやったのは成形だけ。
これは、手ごねとは言わないかな?

メロンパンは、ビスケット生地を別に作っておいてパン生地と合体させてから焼くので、ちょっと手間がかかります。
今回は、秘密兵器のメロンパン用押し型を使用。あの独特の格子模様が、一発で簡単に!
これをゲットする前は、スケッパーで1本1本筋目を入れていたのですけれどね。


発酵前は、きれいに筋がついていたけれど・・・


発酵後には何だか形が崩れてしまい、焼いたらこんな感じ。。。
所々ビスケット生地がだれて、中のパン生地が見えてしまっています。



でも、外側はカリカリで中はふんわりの、とてもおいしいメロンパンが出来上がりましたよ♪
また近いうちにリベンジしますっ!


庭のクラブアップルツリーが、魔法のように急に花を咲かせ始めました。


可愛らしいつぼみがまだたくさんの、今のこの状態が結構好きです。



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

2018年5月17日木曜日

ボルチモアオリオールと、ゼンマイ(もどき?)

この2週間ほどで、景色の中の緑の割合が驚くほど増えました。
新緑の季節が、1年中で一番好き!
冬の間固く閉めっぱなしだった窓を開けると、さわやかな風が吹き抜けるのも気持ちいいです♪
嫌~~なマダニ tick が増えてきたものの(今年は当たり年か!?)、蚊やアブはまだ出てきません。

庭に植える花を少しずつ購入し、オリオール用のバードフィーダーも設置しました。
正式名ボルチモアオリオール Baltimore oriole という小鳥は、鮮やかなオレンジ色(目立つのはオスなのでしょう)です。
春になるとミネソタにもやって来て繁殖します。


去年までは、オレンジの半切りを与えていました。
オリオールも来ていたものの、リスにそのまま持って行かれてしまうことがあったので、今年は専用のフィーダーをゲットしたというわけ。
エサには、グレープジェリーをそのまま使っています。


日本では、ボルチモアムクドリモドキという名のようですね。
メリーランド「州鳥」ですので、そこのメジャーリーグチーム名は、ボルチモア・オリオールズ Baltimore Orioles です。

小鳥のほうは Baltimore を 省略して oriole と呼ぶことが多いですが、最後の "le" はいわゆる「ダークL」でほとんど消えてしまうため、オレオクッキーoreo とほとんど同じ「オーゥリオウ」に聞こえるのがおもしろいです。

鳴き声も、とてもきれいですよ♪



森林をウォーキングすると、雪割草がまだあちこちに咲いています。精巧な和菓子みたい!?



そして、シダもムクムクと育っている最中です。
新芽を見ると、ゼンマイワラビが懐かしくなっちゃう。
こんな風にだんだんほどけてくる様子に、太古から延々と続く大自然の営みを感じます。




こちらでは、これを食べたことがあるという人には会ったことがありません。
義弟だけは、「自分で試したことはないけれど、食用になるという話は聞いたことがある」と言っていましたが。

キノコと同じで、食べてもOKな種類とそうでないものがあるのでしょうね、きっと。
残念ながら、自分で料理してみる勇気はありません。。。

そうそう、また土筆の天ぷらを作ろうかなと思っているうちに、その場所はスギナだらけになっていました。
がっかり・・・


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

2018年5月13日日曜日

お腹が・・・

昨日、今日と食べすぎました。。。

フィッシング解禁となって男どもはさっそくルンルン出かけたので、昨日のランチは義妹とメキシカンレストランで女子会♪
二人でおしゃべりしまくり、とても楽しかった!

この店では、頼まなくてもトルティーヤチップスとサルサがまず運ばれてきます。
まるで、日本の店のお通しみたい。
それだけでも結構お腹にたまりますから、注意しなくてはいけません。
オーダーしたこってり系のエンチェラーダもずし~~んと来たため、家に帰ってからせっせとウォーキング。


夕方は近所にお呼ばれで、ホームメイドのピザをご馳走になりました。
庭で過ごすのが気持ちよい爽やかな日で、家の中には全然入らなかったなあ。
まだ虫もそれほど出てこないので、一番好きな季節です。

手作りピザクラストに各自好きな具を乗せると、庭に設置したピザオーブン(これも手作り)が大活躍!
高温なので、あっという間に美味しいピザが焼けるのです。




デザートを作って持って行こうかと思っていましたが、時間切れになっちゃった。
みんなお腹いっぱいで別腹の領域まではみ出していましたから、デザートなしで正解だったみたい。
特に私はランチも重かったので、皆さんよりペースを落としてゆっくりね。


今日は母の日のお祝いで、夫がイタリアンレストランのブランチに連れて行ってくれました。
メニューに何と神戸牛を発見し、興奮してオーダー!(昨日食べ過ぎたくせに・・・)
サイコロ状になっていて、野菜などと彩りよく混ざったもので、見た目もきれい。
とろけるように柔らかいビーフで大満足♪

食いしん坊だとは言え、平均的アメリカ人に比べれば私の食はずっと細いため、全部は食べきれずに持ち帰りました。
アメリカの店って持ち帰りが気楽にできて、残しても罪悪感を覚えずにすみます。

メイン料理の前にこの店名物のグリーンオリーブのスープやフォカッチャもいただいた上、ワインも回っちゃった。
夕食時になっても何も食べる気がせず、今(夜10時過ぎ)に至っています。

やれやれ、明日はお腹に優しいものだけを食べることにしよう。雑炊なんかがいいかもね。
そして、ウォーキングもまた頑張りま~す!


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

2018年5月7日月曜日

メキシコのお祭り Cinco de Mayo で優勝♪

なぜか過去にブログに載せたことがなかったようですが、毎年5月最初の週末は Cinco de Mayo というメキシコのお祭りに参加します。
シンコ・デ・マヨ「5月5日」という意味で、1862年にメキシコ軍がフランス軍を奇跡的に撃退したことを記念する日なのですって。

今年は5月5日がちょうど土曜日でした。
メキシコ系の人は誰もいなくても、何かと理由を見つけては集まって騒ぐのが大好きな人たちです。
いつもの友人宅に、大勢でお邪魔しました。

毎年テーマが決まっていて、今までにも「海賊」だの「スポーツ」だの色々ありました。
今年は Ugly Tie がテーマ。
一番悪趣味なネクタイをして行った人に、賞品が出るのですって。



どれが一番アグリーかは、ガレージに集まって、みんなの拍手の大きさで判定。
女子の部では、何と私が優勝!(喜んでいいのか?)

5月なのにクリスマス柄。ボタンを押すと「ジングルベル」を歌うのがウケた(笑)
賞品は、チェリーフレーバーのアルコールでした♪
その後、毒が入っていないか確かめると称して、みんなで回し飲みだったけど・・・


大勢なので色々な場所に散らばって、来る時間も帰る時間もみんなバラバラ。
料理も持ち寄りで、好きな時に好きなだけ取って勝手にいただきました。
こんなパーティーも気軽でいいですね♪


ジープにも乗ったよ~!


友人の家の前の湖は大きいので、やっと氷が解けたばかり。
すぐ近くのスキー場には、まだ雪が少し残っていました。

日没は20:40頃となり、遅くまで外で遊べます。



ようやく春が来た・・・と感激していたら、今日は82°F(約28℃)にもなって汗ばむほど!
雪解け後しばらく茶色ばかりの世界だったのに、魔法のように緑がムクムク動き始めました。
(ついでに、マダニくんもお目覚めです。。。既に5匹捕獲!)

早まって花や野菜を植えると、またいきなり氷点下になって全滅・・・なんてこともあるのがミネソタなのですけれどね。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

2018年5月2日水曜日

みんなの気持ちが見事にひとつに♪

今シーズン最後のコンサートが、盛況のうちに終わりました。

数あるピアノ協奏曲の中でベスト10を選べと言われたら、多分多くの方が候補に挙げるだろうと思われる、エドヴァルド・グリーグ Edvard Grieg の作品を演奏。
休憩後は、ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms「交響曲第2番」でした。
どちらも名曲中の名曲ですので、客入りもすごかったです♪

でもノルウェーの作曲家グリーグのピアノ協奏曲は、「そんなに難しくないから大丈夫よね」扱いされて、ソリストと合わせる3日前に30分ぐらいさささ~っと所々合わせただけ。

エドヴァルド・グリーグ

今回はブラームスにやたらと比重が置かれて、グリーグはちょっと気の毒な存在でした。
ブラームスの「交響曲第2番」(略して「ブラ2」)には指揮者の特別の思い入れがあったようで、叱咤激励のメールがみんなに届いたり、弦パートには特別なトレーナーが送り込まれて2時間半みっちり鍛えられたり・・・
カリスマ指揮者の熱の入れ具合は、いつもよりさらにすごかった!

ヨハネス・ブラームス

ありがたいことに、「ブラ2」は日本のオーケストラの定期演奏会で演奏した経験があるので、かなり助かりました。

今はファーストを弾いている私も、その頃はセカンドヴァイオリンでした。
演奏会のDVDに合わせて弾いてみて、おおっ、ちょっとは上達したな!と自己満足(笑)

自分を含め、みんな若かったな~
その後天国に旅立たれた団員もいらして、DVDの中のお元気な姿が切なかったです。


グリーグのソロを弾いてくださった Russell Hancock さん、カリフォルニアから飛んできてくださったそう。
お子さんの頃から神童だったらしいですが、この曲を聴いて大感激している様子を見て、お母様がその日のうちにスコアを買ってきてくださったとか。
さすが!の演奏でした。


演奏活動も盛んにされているそうですけれど、政治学の博士号もお持ちで、シリコンバレーのベンチャー企業のCEOとしてもご活躍という多才な方!
第1楽章の長いカデンツァもいとも簡単にこなしていらして、羨ましくなります。

グリーグが「北欧のショパン」と呼ばれていることは知っていましたが、プログラムによるとそう名付けたのはフランツ・リストだったそう。
リストは、まだ若かったグリーグの才能を見抜いて心から賞賛したそうです。

ミネソタに移住してから私も、気候が似ている北欧の作曲家による曲がさらに好きになってきました。
凛とした空気の清らかさや、春を待つ憧れなどを、曲の中に感じるからでしょうか。
グリーグのピアノ協奏曲も、ご機嫌に演奏しちゃいました♪
指揮者も、第3楽章の終わりで私たちに向けて満面の笑み・・・よかったよかった!

自宅練習は、YouTube に載っているドイツと日本のハーフの Alice Sara Ott(アリス=紗良・オット) さんのピアノと共に頑張ったよ~
前に日本のテレビ番組で紹介されていたのも観たことがありますが、本当にキュートな方♪
クリクリとした目で、実に気持ちよさそうにピアノを弾いています。
そして、ステージの上ではいつも裸足!
ペダルを踏むのに、そのほうが感覚が伝わりやすいのでしょうね。



ブラームスの協奏曲第2番は、指揮者によれば「神と共に作られた作品」とのこと。
そして随所に、師であったロベルト・シューマンの妻クララへの溢れる愛が表現されているのですって。

才能豊かで聡明なクララとの間に存在したお互いへの尊敬と深い愛情は、シューマンの死後も変わらず、死を迎えるまでずっと交友が続いたそう。
二人がどんな関係であったのか事実はわかりませんが、ブラームスは一生独身を貫き、プラトニックな愛だったとされています。

「交響曲第2番」の第1楽章が完成してクララに送った時、これは必ずウケるわよ!と励まされたそうです。
彼女の予言通り初演は大成功で、第3楽章は繰り返して演奏されたとのこと。
大好きなお姉さまに認められて密かにガッツポーズのブラームスを想像して(それはないか・・・)、何だか親近感が増しました。

「ブラ2」には特別な思い出があります。

娘がアメリカの大学に入学し、いよいよ夫婦二人だけになってしまったので、住み慣れた都内から横浜市に引っ越すことに。
新居に荷物が全部届いて引っ越し業者が去ってから、一番最初に聞きたくなったのがなぜかこの曲でした。

全楽章通して聴くと、不安とちょっぴりの寂しさが混ざっていた気持ちが落ち着き、新しい環境は浄化され、これからも大丈夫!と確信。
新居の空気を震わせた「ブラ2」のおかげです。音楽って、本当に不思議・・・



この前のコンサートで今シーズン最後を飾った演奏は、指揮者の熱い想いと団員それぞれの頑張りのおかげで大成功!!
後で指揮者からのお礼メールが届きました。
全員が100%以上の力を出し切ってくれ、この成功により今後はより高いレベルを目指すことができそうだ・・・とのこと。

ひゃ~、これからはさらなる難曲が課題として与えらるってことですか?

7月に始まる来シーズンまで、活動はしばらくお休みです。
やっと雪が解けて現れた庭のゴタゴタを、きれいに掃除しなくては♪


♪4月29日 コンサートのプログラム♪

     Piano Concerto in A minor, op. 16 ピアノ協奏曲イ短調 (Edvard Grieg)
       Ⅰ. Allegro molto moderato
       Ⅱ. Adagio
       Ⅲ. Allegro moderato molto e marcato

           Intermission
     
     Symphony No. 2 in D major, op. 73 交響曲第2番ニ長調 (Johannes Brahms)
       Ⅰ. Allegro non troppo
       Ⅱ. Adagio non troppo
       Ⅲ. Allegretto grazioso (Quasi Andantino)
       Ⅳ. Allegro con spirito


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年4月26日木曜日

やっぱり都会はいいね!

ブログにアップするのが遅れましたが、先週末はミネアポリスに住む娘に会いに行って来ました。

3月半ばに引っ越したばかり。
ミネソタ管弦楽団のコンサートホールの真向いという、私も同居させてもらいたくなるような素敵な環境です。

職場までも歩いて行ける距離で、真冬はスカイウェイを通れば外気に触れずに行けちゃうそう!
以前住んでいた所に比べて、ミシシッピ川からは遠くなってしまいましたが。

バーにも気軽に歩いて行けるのが嬉しいこと。
ハッピーアワーだったので、久しぶりにちょっと飲みすぎました・・・

離れた場所で飲む時には、スマホでウーバー Uber を呼べばほんの数分で来てくれます。
ああ、便利だわ~!


土曜の夜に行ったお寿司屋さん Masu では、寿司だけでなく、炉端焼きやそば・ラーメンなどの麺類も扱っています。
私たちもカルビや漬物などもオーダーし、お腹いっぱいいただきました。

モールオブアメリカ店には息子と行ったことがありますが、ヘネピンアベニュー店は初めて。
週末は早めに予約しておいたほうが良いようです。


イクラにうずらの卵を乗せたもの。うずら軍艦っていうのかな?
ただのイクラだけよりクリーミーになって、いい感じでした。ウニなんて久しぶり♪
私より夫のほうが興奮していたほどです。


ランチに行った JUN という中華料理の店は、1年前にオープンしたばかりだそう。
欲張って色々オーダーしちゃいました。

こちらでディムサム dim sum と呼んでいるのは、飲茶なのか点心なのか、違いがよくわかりません。
メニューのお粥部分には congee と書いてありました。
英語より漢字を見たほうが、日本人にはぱっとわかりますね。


蓮の葉に包まれた中華ちまき、自分では作れないから特においしく感じました。


娘のワンコ(最近体調が悪い・・・)を連れて、ミネハハの広大なドッグパーク Minnehaha Off-Leash Dog Park へ。

リードをはずして「どうぞお好きに」の、ワンコたちにとっては天国のような公園です。
緑がいっぱいの季節になったら、もっと気持ちいいだろうな。
水はまだ冷たくても、泳いでいるワンコもたくさんいました。


ぬかるみが多いので、最後はこの通りどろんこ・・・(コーギーは足が短いので特に)
でも、楽しかったね♪


United Noodles というアジアの食材を売っている店で、色々と買い込みました。
大福やおせんべい、久しぶりだな!

以前に比べれば、日本の食材はネットでかなり買えるようになりましたが、やはり手に取って確かめられる店はいいですね。


写真一番奥の高層ビルの中に、娘の働いているローファームがあります。中も案内してもらいました。
ほっぺたプクプクの赤ちゃんだったのに、いつの間にか成長してしっかり働いているんだな~



都会の楽しさを心ゆくまで味わって、またド田舎に戻ってきました。
週末とても暖かかったので、雪がほとんど解けて急に春になっていてびっくり・・・
冬の間閉じこもりがちだった反動で、みんな狂ったようにお外で遊びまくっています(笑)


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年4月16日月曜日

アメリカ50州の英語の発音を極めよう!

4月も半ばを過ぎたのに、相変わらず雪の降る日が多いです。
週末に Twin Cities では22インチ(約56cm)も積もって、交通事故多発、飛行機は欠便・・・と、この辺よりもっと大変だったみたい。

時々、友人や親戚が訪ねて来てくれるものの、つい家にこもりがちになってしまいます。
4月末にコンサートがあるので、明日からまたリハーサルに忙しくなりますが。

週末は時間たっぷりでした。初心に戻って(笑)英語のお勉強も!
知らなかった単語や表現を覚えるだけでなく、結構適当に発音していたかもしれない頻出単語を、このところじっくり再確認しています。


会話の中によく出てくるアメリカ50州の発音も、ちゃんと覚えなきゃな・・・と思ったことのひとつ。
アメリカに引っ越してきてすぐ「あれれ?」と思ったのは、「メリーランド Marylandの発音です。

「メリー」+「ランド」だから楽勝!と思ったら違ってた・・・
「メリー」は人名の Mary(メァリ)とは違うし、「ラ」は、単体の land の出だしと同じ [læ] ではありません。
後で詳しく書きますが、あいまい音が続いて「メゥララン」みたいに聞こえます。
考えてみたら、islandland 部分は無意識にあいまい音で発音していたから、それと同じだった。。。

いい加減だったものが他にもいっぱいで、深く反省。
限りなくネイティブスピーカーに近づけるよう、皆さんもご一緒にブラッシュアップしませんか?
ついでに、各州の位置も覚えたいですね。


私の住む「ミネソタ」をはじめ、アメリカの州の名前は「そのままローマ字読みしてもよさそう」に思えるものが多いですが、実はみんなビミョーに違います。
アメリカ人が「ミネソタ」と言うと、まるで「皆そうだ」のように聞こえるほど・・・

ほとんどのアメリカ人は外国人の訛りには寛容ですから、面と向かって直されることは滅多にないでしょうけれど、ちゃんと発音できれば好感度もアップかも?
時間と興味と余力のある方は、ぜひ頑張って50州制覇しましょう!


まずは、こちらの短い動画をささっとご覧ください。ローマ字読みとはかなり違います。
発音の表記法が、辞書に載っているような発音記号ではないので、ちょっとわかりにくいかな?


コロラドびいきのお兄ちゃんの動画は、アルファベット順よ。これも短いです。



そして、最後のおすすめはこちらの動画!

やはりアルファベット順に、これ以上ないほど丁寧に説明してくださっています。
英語もとてもわかりやすいです。最初の動画だけ5分以上ですが、あとは3分台。
全部見ても大して時間はかかりませんので、頑張りましょう!


発音について注意点の色々です。
もちろん「州名」だけでなく他の英単語にも当てはまりますので、参考にしてね♪

・それぞれの単語のどこにストレス(アクセント)を置くかが、とても大切。
 強く長めに発す音とその他の音の違いによって、英語独特のリズムが生まれます。
・カタカナで書き表した時との、音節(シラブル syllable)数の違いを意識する。

・カタカナでは同じ「ア」で表すしかない音を、きちんと区別する。
  下の動画の講師が「シュワー schwa」という語を頻繁に使って説明しています。
  「シュワー」とは、アクセントのない曖昧(あいまい)母音のこと。  
  e をひっくり返したような [ə] という発音記号で表され、とても頻繁に登場します。
  口をあまり開けずに、軽く短く弱くリラックスして発音♪
  これを、ストレスが置かれることの多い他の「ア」の仲間の音ときちんと区別。
  つまり bag [æ](日本語のアとエが混ざった音)や、father[ɑ]cup[ʌ] とは違う。  

・オクラホマ、オハイオなどは、[o] ではなく [ou] と二重母音にするのを忘れずに。
・発音に省エネの多いアメリカ英語の特徴で、[t] がほとんど [d] になってしまうことがある。
 (ミネソタ、ノースダコタ、サウスダコタの最後の音など。
  そこまでやってられないよ・・・という方は、真似しなくてもOK。)
 

1.Alabama - Idaho アラバマ~アイダホ


2.Illinois - Missouri イリノイ~ミズーリ


3.Montana - Pennsylvania モンタナペンシルバニア


4.Rhode Island - Wyoming ロードアイランド~ワイオミング
 


最後に、全ての州名の発音を発音記号カタカナでまとめてみました。
そんなサイトが、他にみつからなかったので・・・

参考にしたのは、アルクの「英辞郎」WeblioDictionary.comForvo その他です。
電子辞書や、昔ながらの紙の辞書も総動員。ふ~、結構大変だったわ。

これらの発音記号には、日本人が一番慣れている Jones 式あり、国際音声記号 (IPA) ありで、私の書き方もごちゃごちゃになっているかも。。。
専門家ではないので、どうぞお許しを。

発音はひとつだけに限らず、2種以上存在するものも結構あります。
人によって、地域によって違うということです。

発音記号以外に、カタカナ表記(これは私独自の方法ですので、完璧ではありません)も加えました。
ただし、勝手に母音を付け足してしまわないように(つけると、いわゆるジャパリッシュになってしまう)、子音だけの部分はカタカナに書き変えることをわざと避けています。

発音記号 [æ] で表される音はひらがなで書きました。「あ」でしたら「アとエ」を混ぜた音です。
[kæ] だけはカタカナで「キャ」にしてしまいましたが、「ケァ」のように粘着質の(笑)発音です。

ColoradoMontana に出てくる [ɑ] の母音は [ə] より口を大きく開け、ほんの少しだけ音を伸ばし気味にするとそれらしく聞こえると思いますので、カタカナ表記には「-」の記号を後に加えてみました。

[r][l] と区別するために頭に「ゥ」を足しています。(例) ra は「ゥラ」、la は「ラ」
実際にそのように発音すると、[r] がより英語らしく聞こえると思います。
LとRの区別って、日本人には大きな課題ですよね。。。
前に書いたこちらのブログ記事も、ぜひ参考になさってください。

New Hampshire の終わりや Vermont の初めなどに出てくる [ər] の部分、カタカナにするのは不可能ですね・・・
困ったので、teacherwater の最後の部分と同じということで 「er」に変えるだけにとどめました。
口を大きく開けずに発音してください。
(ここは苦し紛れ。いつかもっと良い方法を思いついたら直します。)

シュワー [ə] は、便宜上「ア」行のカタカナで表しましたが、日本の「アイウエオ」のどの母音とも違い、それでいて全てを含んでいるような不思議な音だと思います。
省略されてしまう場合もある気の毒な存在だけど、登場回数は大変多い名脇役。

ArizonaCaliforniaFlorida のように元のスペリングが i だったら「イ」の音を、MinnesotaNebraska のように e だったら「エ」の音を、ColoradoConnecticut のように o だったら「オ」の音を、絵の具を混ぜ合わせるような感じであいまいな「ア」にほんのちょっぴり足すといい具合なのでは?と私は考えていますが・・・どうかな?

英語の発音がどうも日本語っぽくなってしまう方は、シュワーをはっきり発音しすぎているのが原因のひとつかも。
シュワーを制する者は、英語発音を制す・・・な~んて!?

Fvlrth など日本語にない音は、耳でよく聴き、一生懸命口を動かして体で覚えるしかありません。
YouTube にもわかりやすい動画がたくさん載っていますので、参考にしてください。
フォニックスで、一音ずつ丁寧に覚えるのもおすすめです。


★アメリカ50州 英語の発音(アルファベット順)

Alabama [æ̀ləbǽmə] アラバマ(あラば'マ)
Alaska [əlǽskə] アラスカ(アら'sカ)
Arizona [æ̀rəzóunə / èrizóunə] アリゾナ(あゥラゾ'ウナ / エゥリゾ'ウナ)
Arkansas [ɑ́(ː)rk(ə)nsɔ̀ː] アーカンソーア'-rカnソー)
California [kæ̀ləfɔ́ːrnjə] カリフォルニア(キャラフォ'ーrニァ)
Colorado [kɑ̀lərɑ́dou / kɑ̀lərǽdou] コロラド(カ-ラゥラ'-ドウ / カ-ラぅら'ドウ)
Connecticut [kənétikət] コネティカット(カネ'ティカt)(「ティ」は「ディ」のように)
Delaware [déləwèə(r)] デラウェアデ'ラウェア)
Florida [flɔ́(ː)rədə] フロリダ(fロ'ーゥラダ)
 (ri の部分は、ほとんど r だけにしてしまったり、ri にしたり色々のよう)
Georgia [dʒɔ́ːrdʒə] ジョージアジョ'ーrジャ)
Hawaii [həwái:i] ハワイ(ハワ'イイ)(アクセントは「ハ」ではない)
Idaho [áidəhòu]  アイダホア'イダホウ)

Illinois [ìlənɔ́i] イリノイ(イラノ'イ)
Indiana [ìndiǽnə] インディアナ(イnディあ'ナ)
Iowa [áiəwə] アイオワア'イアワ)
Kansas [kǽnzəs] カンザスキャ'nザs)
Kentucky [kəntʌ́ki / kentʌ́ki] ケンタッキー(カnタ'キ / ケnタ'キ)
Louisiana [luìːziǽnə] ルイジアナ(ルイーズィあ'ナ)
Maine [méin] メインメ'イn)
Maryland [mérələnd] メリーランドメ'ゥララnd)
Massachusetts [mæ̀sətʃúsits] マサチューセッツ(まサチュ'ースィts)
Michigan [míʃigən] ミシガンミ'シガn)
Minnesota [mìnəsóutə] ミネソタ(ミナソ'ウタ)(「タ」は「ダ」に近い)
Mississippi [mìsəsípi] ミシシッピ(ミサスィ'ピ)
Missouri [mizúəri] ミズーリ(ミズ'ァゥリ)

Montana [mɑntǽnə] モンタナ(マ-nた'ナ)
Nebraska [nəbrǽskə] ネブラスカ(ナbぅら'sカ)
Nevada [nəvǽdə / nəvɑ́də] ネバダ(ナヴぁ'ダ / ナヴァ'-ダ)
New Hampshire [n(j)úː hǽm(p)ʃər] ニューハンプシャー(ヌ'ー は'm(p)sher)
 (new の部分はごく弱く。「ニュー」と言う場合もあるがほとんど「ヌー」でよい。
  以下3州も同様)
New Jersey [n(j)úː dʒə́ːrzi] ニュージャージー(ヌ'ー je'ーrズィ)
New Mexico [n(j)úː méksikòu] ニューメキシコ(ヌ'ー メ'kスィコウ)
New York [n(j)úː jɔ́ːrk] ニューヨーク(ヌ'ー ヨ'ーrk)
North Carolina [nɔ́ːrθ kerəláinə] ノースカロライナ(ノ'ーth ケゥララ'イナ)
North Dakota [nɔ́ːrθ dəkóutə] ノースダコタ(ノ'ーrth ダコ'ウタ)(「タ」は「ダ」に近い)
Ohio [ouháiou] オハイオ(オウハ'イオウ)
Oklahoma [òukləhóumə] オクラホマ(オウkラホ'ウマ)
Oregon [ɔ́(ː)rigən] オレゴンオ'ーゥリガn)
Pennsylvania [pèns(ə)lvéinjə] ペンシルバニア(ペnサlヴェ'イニャ)

Rhode Island [ròud áilənd] ロードアイランド(ゥロウd ア'イラnd / ゥロウダ'イラnd)
South Carolina [sáuθ kerəláinə] サウスカロライナ(サ'ウth ケゥララ'イナ)
South Dakota [sáuθ dəkóutə] サウスダコタ(サ'ウth ダコ'ウタ)(「タ」は「ダ」に近い)
Tennessee [tènəsíː] テネシー(テナスィ'ー)
Texas [téksəs] テキサステ'kサs)
Utah [júːtɑː] ユタユ'ーター)
Vermont [vərmɑ́nt] バーモント(verマ'-nt)
Virginia [vərdʒínjə] バージニア(verジ'ニャ)
Washington [wɑ́ʃiŋtən] ワシントンワ'-シngタn)
West Virginia [west vərdʒínjə] ウエストバージニア(ウェ'st verジ'ニャ)
Wisconsin [wiskɑ́nsin] ウィスコンシン(ウィsカ'-nスィn)
Wyoming [waióumiŋ] ワイオミング(ワイオ'ウミng)


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年4月8日日曜日

長すぎる冬・・・もう飽きた

一時は春めいてきた感じがしましたが、このところずっと氷点下の気温が続いています。
先週木曜日は、一日中雪・・・
でも不思議なことに、ここよりずっと南の Twin Cities のほうが、雪がたくさん積もったようです。

今朝なんて、外は0°Fですって!摂氏ですと-18℃位ですよ~びっくり!!
家の前の湖も、まだカチンカチンに凍っています。
さすがに、この景色は飽きてきたな・・・


バードフィーダーのエサを求めて、今年は鹿が毎日のように家の近くまで来ています。
窓からふと庭を眺めると、目が合ったりして・・・


後ろの木がちょうど大きなのように、偶然写ってしまいました(笑)


一時見かけた白鳥たちは、水を求めてどこかに行ってしまったみたい。
白頭ワシが枝をくわえて飛んでいるのは目撃したので、寒くても巣作りに励んでいるのでしょうか。


一度は解けかかったがまた凍って、イクラみたいに粒々になっている様子が何だかおもしろい。



日本からミネソタに移住した2011年の冬は、極端に寒くなることもなく、2012年の春も早めにやって来たっけ。
「みんなに脅かされていたけれど、ミネソタの冬なんてそんなに大したことないじゃない」と感じたのは大きな間違いだったことが、その後わかりましたけれど。。。

今思えば、私が尻尾を巻いて日本に逃げ帰らないようにという、神様のお計らいだったのかもね。
2012年の今頃の時期にはもう、雪割草が春を告げてくれていました。


4月11日の写真では、もう湖の氷も全然残っていませんでした。今年と何という違い!



ハリネズミがハグしている可愛らしいマットを町で見つけて買ってきたのですが、ネコのキキはそれが入っていた袋のほうが気に入ったみたい。
中にもぐり込んでさんざん遊んだ後、袋の上ですっかり落ち着いちゃった・・・

気まぐれニャンコの「あるある」ネタですね。





外は銀世界でも、日の入りは夜8時頃となり、いつまでも明るいのはうれしいな。
夕方のせわしなさが、かなり軽減されます。
今週は少し気温が上がるようなので、楽しみに待つことにしましょう♪


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...